A4生紙【土佐楮紙】田村 亮二

枚数
購入数
-
職人が一枚一枚手漉きした和紙を、
A4版の使いやすいサイズで。


二三判や四六判といった手漉き和紙の寸法は、その紙を漉く「簀桁」の大きさで決まります。
しかし、その簀桁の大きさも実は人ごと産地ごとに異なり、よくいえば個性豊か、悪くいえば統一感がない状態が続いています。➡参考リンク

A版・B版などの一般的な定型サイズではない和紙の世界独自の寸法で、なおかつ人それぞれの寸法の和紙。
それゆえに、個人で職人さんが漉いた手漉き和紙を使おうと思っても、いちいちカッターと定規で断裁をしなければならないなど、とても不便。「和紙が使われないひとつの理由はここにあるのではないか?」土佐和紙プロダクツをはじめた時から、この不便さをどうにかしたいと思っていたのです。

和紙の個性を感じ、自由に使う。

この「生紙」は、便箋や原稿用紙といった“機能”をなにひとつとして持たない、まさに「生の紙」。土佐和紙の表情、土佐和紙の個性をシンプルに感じてもらえたらと思います。
使い方ももちろん自由です。小さなサイズの版画作品を作ったり、イラストを描いたり工作したり、贈り物を包んだり、様々な印刷の実験に使ってみたり、使う人それぞれのアイデアで自由に使ってください。

「生紙」の抄造は田村亮二さん、田村寛さん、尾伸安さんの3人の職人さんにお願いし、3種類の異なる素材や技法を用いた和紙を漉いていただきました。
田村亮二さんの【土佐楮紙】は、高知県いの町吾北上東地区で大切に育てられた楮を萱簀で漉き、昔ながらの板干しで仕上げたもの。田村寛さんの【杉皮入り楮紙】は、同じ上東の楮に杉皮を加え、これを竹簀で漉いたもの。そして、尾伸安さんの【サラゴ紙】は、フィリピン産の雁皮を原料に、これを竹簀で漉いたものです。

この【土佐楮紙】は、高知県いの町吾北の良質な楮を使った和紙で、透き通るかのような透明感とハリ、くっきりと透けて見える萱簀のシルエットを楽しむことができます。


田村 亮二

田村 亮二
紙漉き歴23年。
鹿敷製紙、森田和紙工房での修行を経て平成8年に独立。
現在はいの町大内の工房にて主に楮と雁皮を中心にその性質を活かした丁寧な紙づくりに取り組んでいる。
手間のかかる伝統的な原料処理にもこだわり、文化財修復用や美術工芸用紙など長期間の保存に耐える和紙を漉き続けている。


サイズ:21cm×29.7cm A4サイズ
枚 数:10枚/30枚
厚 さ:コピー用紙程度の厚さ(6匁※)

抄 造:田村 亮二
原 料:いの町吾北上東産土佐楮
漉き方:ソーダ灰煮熟・萱簀による流し漉き、板干し

※一匁=約3.75g

返品について

返品期限
商品がお客様の手元に到着した際に破損の有無をご確認下さい。 輸送中の破損を含め、商品に損傷があった場合には交換いたします。 
返品送料
不良品等があった場合には当方にて送料を負担いたします。 お客様都合での返品の場合の返品は受けておりません。  

配送・送料について

レターパック
送料全国一律360円のレターパック360でお届けします。お買上金額が5,000円以上の場合は送料が無料となります。
ゆうぱっく
土佐和紙の一筆箋[箱入り]並びに一度にお送りする商品数が多い場合には、ゆうぱっくにてお送りいたします。配送料は全国一律650円です。

支払い方法について

銀行振込
ゆうちょ銀行の口座へのお振り込みをご利用いただけます。
クレジットカード

VISA、Dinners、Master、JCB、アメリカンエキスプレスをご利用いただけます。
コンビニ振込
全国のローソンで決済ができます。